FAQ

特に多いお問い合わせ

QシンプルVPNの導入に必要なものは何ですか?
Aインターネット接続環境(インターネット回線・プロバイダー登録・ブロードバンドルーターなど)が必要です。
※他社プロバイダーをご利用の場合も本サービスをお使いいただけます。

インターネット接続回線の導入も合わせてご検討の場合はこちらまでご相談ください。
お問い合わせ
Q利用するのにどのくらいの費用がかかりますか?
A1拠点につき、初期費用38,000円/月額費用2,000円(税抜)が必要です。
(訪問設置なしプランの場合、初期費用16,000円/月額費用2,000円 税抜)

※設定費用として、拠点間接続またはクラウド接続の初期構築/構成変更時に、5拠点につき5,000円の作業手数料を頂戴しております。

また、コントロールパネルからリモート接続用のアカウントの作成が可能です。
ご利用の場合は、リモート接続アカウント1件につき、月額費用1,000円がプラスされます。

詳しくは以下をご覽ください。
料金
見積もりシミュレーター
お見積もりのご希望はこちらまでご連絡ください。 お問い合わせ
Qサービスアダプターのタイプとは何ですか?
Aサービスアダプターには2種類のタイプがあります。
  • NATタイプ: IPアドレスをニフティが自動払い出しします(DHCPサーバー機能)。
  • HUBタイプ: お客様のDHCPサーバー(ルーター)の払い出すIPアドレスをそのまま利用します。
詳しくはこちらをご確認ください。
サービスアダプターの種類
Qサービスアダプターの動作に必要な条件は?
Aサービスアダプター通信要件は、以下の通りです。
  • 以下のプロトコルの通信許可が必要です。
    • HTTPS:443/tcp
    • IKE:500/udp
    • IPSec NAT Traversal:4500/udp
  • DHCPにてWAN側IPアドレスの取得ができること
  • NTPサーバーから時刻取得ができること
  • DNSによる名前解決ができること

基礎知識

QVPNとは何ですか?
AVPN(Virtual Private Network)とは、データを安全に通信するために用いられるネットワーク技術です。
主に離れた拠点間における企業内(組織内)のデータのやりとりに多く利用されます。
専用線に比べて手間なく導入でき、料金が安価なため、データを安全にやりとりする手段として企業や学校などで一般的に利用されています。

VPNには複数の種類がありますが、シンプルVPNはインターネットVPNに分類されます。

導入前

QシンプルVPNの導入に必要なものは何ですか?
Aインターネット接続環境(インターネット回線・プロバイダー登録・ブロードバンドルーターなど)が必要です。
※他社プロバイダーをご利用の場合も本サービスをお使いいただけます。

インターネット接続回線の導入も合わせてご検討の場合はこちらまでご相談ください。
お問い合わせ
Q固定IPサービスなどの利用は必要ですか?
A いいえ。
シンプルVPNのご利用に固定のグローバルIPは必要ありません。
Q利用するのにどのくらいの費用がかかりますか?
A1拠点につき、初期費用38,000円/月額費用2,000円(税抜)が必要です。
(訪問設置なしプランの場合、初期費用16,000円/月額費用2,000円 税抜)

※設定費用として、拠点間接続またはクラウド接続の初期構築/構成変更時に、5拠点につき5,000円の作業手数料を頂戴しております。

また、コントロールパネルからリモート接続用のアカウントの作成が可能です。
ご利用の場合は、リモート接続アカウント1件につき、月額費用1,000円がプラスされます。

詳しくは以下をご覽ください。
料金
見積もりシミュレーター

お見積もりのご希望はこちらまでご連絡ください。
お問い合わせ
Q最低利用期間はありますか?
A最低利用期間はとくに設けておりませんが、ご利用料金は1カ月単位で頂戴しております。
(日割りは行っておりません)
Q機器の設置や保守サービスはありますか?
A訪問設置の導入には、スタンダードプランをご利用ください。
訪問保守については、お問い合わせください。
お問い合わせ
Q機器の冗長化はできますか?
Aコールドスタンバイ方式で冗長化が可能です。
※コールドスタンバイ機には初期費用が必要です。
Q接続監視はできますか?
A本サービスの稼働状況は、24時間365日の監視を行っております。
(拠点毎の接続監視は提供しておりません)

サービスアダプターについて

Qサービスアダプターとは何ですか?
A シンプルVPNの利用にあたり必要なVPN接続機器です。
今お使いのインターネット接続用ルーターに接続してご利用いただきます。

サービスアダプターを接続すると、自動的にVPN接続を行います。
その際、集中管理されたVPNセンターから情報取得しますので、あらかじめお申し込みいただいた内容でサービスを利用することができます。

お客様による機器の設定は必要ありません。(ゼロコンフィグ機能)
Q1つのサービスアダプターで何機器まで接続できますか?
A1つのサービスアダプターで、最大50台まで接続できます。(PC、ネットワークHDDなどのネットワークにつながる機器)
推奨台数は10台です。
Qサービスアダプターのタイプとは何ですか?
Aサービスアダプターには2種類のタイプがあります。
  • NATタイプ: IPアドレスをニフティが自動払い出しします(DHCPサーバー機能)。
  • HUBタイプ: お客様のDHCPサーバー(ルーター)の払い出すIPアドレスをそのまま利用します。
詳しくはこちらをご確認ください。
サービスアダプターの種類
QNATタイプの場合、DHCPするIPアドレス帯を指定できますか?
A指定できません。
当社で自動的に払い出すIPアドレスをご利用いただきます。
Qサービスアダプターにルーティング情報を設定することはできますか?
A いいえ。
ルーティング情報を設定することはできません。
Qサービスアダプターの動作に必要な条件は?
Aサービスアダプター通信要件は、以下の通りです。
  • 以下のプロトコルの通信許可が必要です。
    • HTTPS:443/tcp
    • IKE:500/udp
    • IPSec NAT Traversal:4500/udp
  • DHCPにてWAN側IPアドレスの取得ができること
  • NTPサーバーから時刻取得ができること
  • DNSによる名前解決ができること
QDHCPを利用していない拠点でサービスアダプターを利用できますか?
A申し訳ありませんが、ご利用いただけません。
サービスアダプターのWAN側IPアドレスの設定方法は、DHCPのみとなります。
Qユーザー側でサービスアダプターの設定変更は可能ですか?
Aお客様にてサービスアダプターの設定を変更いただくことはできません。
設定変更が必要な場合は、変更内容をフォームよりご申請ください。

拠点間接続について

QVPNで接続した拠点間は同一セグメントとなりますか?
Aはい。
同一セグメントとなり、ブロードキャストパケットが到達します。
Q拠点間接続をするのにIPアドレスの変更は必要ですか?
A全拠点が同一セグメントとなるようにIPアドレス調整が必要です。

2種類のタイプのサービスアダプターから希望のタイプをご選択いただけます。
  • NATタイプ: 全拠点で重複しないIPアドレスを当社が自動払い出しします(DHCPサーバー機能)。
  • HUBタイプ: お客様のDHCPサーバー(ルーター)の払い出すIPアドレスをそのまま利用します。
詳しくはこちらをご確認ください。
サービスアダプターの種類

リモート接続について

Qリモート接続機能はどのように利用するのでしょうか?
Aコントロールパネルからリモート接続アカウントを払い出しの上、OSのVPN設定画面より、L2TP/IPSecのアカウント設定を行い、接続していただきます。
Qリモート接続の接続ログは閲覧可能ですか?
Aはい。
コントロールパネルで、リモート接続の接続ログをご覽いただけます。

クラウド接続について

Qクラウド接続で接続できるクラウドサーバーのOSは何ですか?
Aニフティクラウド上で動作する Cent OS 6.2 64bit Plain のみ接続が可能です。

仕様・制限事項

Q「拠点間接続」と「クラウド接続」は併用できますか?
A併用することはできません。
Q接続速度はどれくらいでますか?
Aベストエフォートサービスのため、速度保証はしておりませんが、ハードウェアの仕様による速度上限は、上り/下り100Mbpsとなります。
実際の速度はお客様の環境により異なります。 導入前に検証機をお貸し出しすることが可能です。
実測値を確認されたい場合は、ご活用ください。
  • お問い合わせ
  • ※表示価格はいずれも税抜きです。